緊急時避難準備区域内(20〜30キロ圏内)にある【よつば保育園】は、休園しながらも、安全区域(30キロ圏外)の鹿島区において臨時保育園『なかよし保育園』を開いておりました。市内私立保育園三園(よつば保育園・北町保育所・原町聖愛保育園)が地域管理の公民館にて合同で保育していました。 9月末日の緊急時避難区域指定の解除を受け、10月11日より原町区の本園にて保育を再開となり現在に至ります。しかしながら現在の園児数は昨年4月入園予定者の約5割…苦難の道は続きます。全国のたくさんの皆様のご支援を頂きながら、今日まで続けてこられましたこと、深く感謝申し上げます。 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓  日テレ系列放送のドキュメンタリー番組 NNNドキュメント でよつば保育園の取り組みが特集されました。ぜひご覧ください。11月20日(日)夜に放送され、たくさんの励ましの声を頂きました。
セシウムと子どもたち 立ちふさがる“除染の壁” 投稿者 gataro-clone Yoshiyuki Kondo | バナーを作成

2011年09月08日

【 マスコミ各社の報道 】


マスコミ各社からの

取材と収録が相次いでいます。

まずは福島中央テレビの

『希望のチカラ』という番組。

2分半くらいの短い番組ですが、

とても内容が濃く、カメラワークも素晴らしかったです。

できあがった番組、私はかなり気にいってます。

よかったらブログ右側の動画にありますのでご覧ください。

子どもたちと職員の生き生きとした様子が

とてもよく伝わります。

それでは収録の様子をご覧ください。

PAP_0918.JPG
PAP_0919.JPG

スタッフの皆さんで、手をつなGO!

PAP_0917.JPG


続いて、日テレから制作を委託された

制作会社の社員勝呂さんについて。

一週間以上もの

なかよし保育園のビッチリ密着取材。

わずか7〜8分の番組作りのために

朝早くからお迎えの時間まで

熱心に取材・収録していました。

勝呂さんは、自分の子育ての勉強に!!

という思いも持ちながら取材しているので

本気なんです。

ずっと子どもたちと一緒の生活が続いたので

先生方も子どもたちもすっかりうちとけてしまいました。

現状を体感している人が撮ることで作られる番組は

やはり間違いなくいい番組になるのだと思いました。

勝呂さんに脱帽です!

PAP_0924.JPG

PAP_0943.JPG

PAP_0897.JPG

マスコミからの応援は

やはり現地の人々の元気の素になりますね。

 


posted by ヨシユキ先生 at 23:25| 福島 | Comment(0) | TrackBack(0) | メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【 そして、シャボン玉はどこまで飛んだのか? 】


9月8日(木)

大阪からはるばる

“シャボン玉プロジェクト”主宰の曽根原氏がおいでくださいました。

「子どもたちにシャボン玉で明るく元気な笑顔を!」という熱い思いを胸に

たくさんのシャボン玉を持ってやってきました。

シャボン玉プロジェクトのブログは⇒コチラ

子どもたちはシャボン玉遊び…大好きです。

事前に打ち合わせて、

「いろんなシャボン玉で遊べたらいいね。」

と話していました。

曽根原さんはいろんなタイプのシャボン玉を集めてきました。

剣みたいなものもあります。
PAP_0892.JPG

まずは曽根原さんのご挨拶
PAP_0891.JPG

お手本を見せて、歓声が!おおっ!デカイ!!
PAP_0889.JPG

PAP_0888.JPGPAP_0887.JPG

PAP_0886.JPGPAP_0885.JPG

PAP_0884.JPGPAP_0882.JPG

PAP_0881.JPGPAP_0878.JPG

PAP_0879.JPGPAP_0877.JPG

指導をする曽根原さん
PAP_0875.JPG

今日のベストショット!!
PAP_0874.JPG

PAP_0873.JPG

PAP_0871.JPGPAP_0869.JPG

全員で楽しかった顔!!
PAP_0867.JPG

感謝の気持ちを添えてカードのプレゼント
PAP_0866.JPG

お土産もたくさん頂きました。シャボン玉協会の会長、ありがとう!!
PAP_0896.JPG

このビンには、曽根原さんのお子さんが大事に育てたアサガオの種が入っているのです。
そして、ビンの中の紙には、お子さんの書いた絵が入っています。

PAP_0894.JPG

うれしいなぁ…もったいなくて使えないよ。

曽根原さんとのツーショット
PAP_0893.JPG

子どもたちが吹いた、たくさんのシャボン玉。

途中でパチンと割れてしまったシャボン玉がほとんどだったけど、

でも、中には高く、高くなかなか割れずに飛んで上がっていって

とうとう見えなくなるくらい高く上がって行ったシャボン玉もあったんだ。

きっと、シャボン玉も子どもたちの思いをとじこめながら

割れずに天まで昇って行ったんだよ。

シャボン玉って、花火とよく似ているところがあって

割れるのが儚くて、切ないところが良さのような気もするけれど

それでも、少しでも高く、少しでも輝いて

ずっとみんなに見てもらいたいんだよね。

きっとシャボン玉はそう思っているに違いない。

なんか、意思を持っているというか

夢…とか、希望…とか

目には見えないけど

思いが乗り移ってるというか

大人も子どもも

シャボン玉がいつまでも消えないでいて欲しいと思うのは

そんな思いや願いが込められているからじゃないのかな。

今年の花火も、そしてこのシャボン玉も

何か魂のようなものが昇天していっているようにも思えて

ジーンとこみ上げるものを感じて。


…消えそうで消えないもの

シャボン玉と

人の思い。

そんなことを考えながら

シャボン玉の行方を追っていたんだ



 
posted by ヨシユキ先生 at 20:00| 福島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
                                                                                                                                                                                                                            ☆★平成24年1月よつば乳児保育園西町園開園!★☆ ☆★☆保育園ができるまでの様子をぜひご覧ください!!☆★☆ ひらめきひらめきひらめきひらめきひらめきよつば乳児保育園<西町園>青雲ブログひらめきひらめきひらめきひらめきひらめきひらめき   ↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑クリック↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ PAP_0970.JPG ひらめきひらめきひらめきひらめきひらめきよつば乳児保育園<西町園>青雲ブログひらめきひらめきひらめきひらめきひらめきひらめき   ↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑クリック↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑                                                                                                                                                                                                                                                    

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。