緊急時避難準備区域内(20〜30キロ圏内)にある【よつば保育園】は、休園しながらも、安全区域(30キロ圏外)の鹿島区において臨時保育園『なかよし保育園』を開いておりました。市内私立保育園三園(よつば保育園・北町保育所・原町聖愛保育園)が地域管理の公民館にて合同で保育していました。 9月末日の緊急時避難区域指定の解除を受け、10月11日より原町区の本園にて保育を再開となり現在に至ります。しかしながら現在の園児数は昨年4月入園予定者の約5割…苦難の道は続きます。全国のたくさんの皆様のご支援を頂きながら、今日まで続けてこられましたこと、深く感謝申し上げます。 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓  日テレ系列放送のドキュメンタリー番組 NNNドキュメント でよつば保育園の取り組みが特集されました。ぜひご覧ください。11月20日(日)夜に放送され、たくさんの励ましの声を頂きました。
セシウムと子どもたち 立ちふさがる“除染の壁” 投稿者 gataro-clone Yoshiyuki Kondo | バナーを作成

2012年03月29日

【 よつば保育園 震災から卒園式までの一年間のストーリー 】


【 よつば保育園 震災から卒園式までの一年間のストーリー 】

福島中央テレビ

ゴジてれChuu〜!!

3月19日に放送されたものです。



…いろんなことがありましたね。

大人は子どもたちの未来のために

何ができるのか?

どう動いていくのか?


これからも、さらに物語は続きます。

 

posted by ヨシユキ先生 at 11:19| 福島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月28日

【 ニュースアンカー 南相馬よつば保育園の除染への取り組み 】



2月13日に、

関西テレビのニュースアンカーにて放送された

よつば保育園の園児宅除染への取り組みをご覧ください。



山本レポーターによる除染に対してのお話は

やはり自ら除染を行った者の一人としての意志の強さを感じます。

そこが一人でも多くの人に伝わればと思っています。



   
posted by ヨシユキ先生 at 14:56| 福島 | Comment(0) | TrackBack(0) | メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月24日

【 JAPAN VOICES 】


東日本大震災後の日本に暮らす人々の声から

私たちが目指す未来の姿を描き出し

今年6月に開催される地球サミット(リオ+20)

を通じて、世界に発信するプロジェクトが

JAPAN VOICES です。

いろいろな人々の提言がリオに運ばれます。

私も以下の提言を致しました。

三部構成です。

JAPAN VOICES よつば保育園近藤能之01


JAPAN VOICES よつば保育園近藤能之02


JAPAN VOICES よつば保育園近藤能之03


さらに、当園保護者の高村美春さんの提言を

JAPAN VOICES 高村美春さん提言


先日の南相馬ダイアログフェスティバル内にて行われた

お母さん会議&お父さん会議で提言された

JAPAN VOICES は以下の声でした。

★☆★☆★ お母さん会議 ★☆★☆★ 

私の決意〜子ども達に渡したい未来って?〜

 ・LOVE&PEACE ママが守るからね。

 ・クリーンな地球!

 ・南相馬で楽しく暮らす。

 ・たった一度の人生、ずっと笑顔でいこうね。

 ・自由に遊んで楽しめる未来。

 ・楽しいウキウキする福島(南相馬市)

 ・自然とふれあえる未来をとりもどす。

 ・美しい自然を残していきたい。

 ・いつまでもキミの笑顔を守っていきたい。

 ・いつまでも明るい笑顔で幸せになってほしい。

 ・孫の代までずっと笑顔で!!

 ・安心して楽しく生活できる地域。

 ・こどもの笑顔を次世代へつなげていける未来に。

 ・元には戻らない南相馬でも、幸せだよね。幸せだね。と笑って言える未来を渡していきたい!

 ・笑顔で暮らせる明るい未来。

 ・嘘のない安心して暮らせる未来!

 ・安心して過ごせる日々。今はお父さんお母さんについておいでっ!

 ・家族みんなが太陽、空の下で笑顔でいれる温かい未来。どんなときでも“大好き”って言うよ!

 ・人は決して1人じゃない!1人でダメなときは周りの人に助けを求められる未来が必ずあります。みんな助けてくれるよ。

 
★☆★☆★ お父さん会議 ★☆★☆★

親父として家族を守る決意

 ・オレについて来い!

 ・南相馬復興!

 ・きっと・・・大丈夫! 

 ・笑顔でいるぞ!

 ・南相馬に必ず戻る!

 ・待ってるだけでは何も変わらない。

 ・家族は一緒が一番!

 ・みんなでいっしょに!

 ・俺が守る!

 ・ずっとそばにいる!

 ・会話!(常に)
posted by ヨシユキ先生 at 22:59| 福島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月18日

【 みんな共和国〜みんなの家族会議〜開催!! 】


【 みんな共和国〜みんなの家族会議〜開催!! 】



開催日:4月3日(火)・4日(水)・5日(木)



時間:18:00〜20:00



場所:鹿島区万葉ふれあいセンター調理室



参加:上記3日間の中で1日ご参加ください。



内容:『南相馬の家族のために、どう考え、どう動くのか?』

   一人一人のご提案が、南相馬の新しい街づくりに!!



進行:近藤ヨシユキ(南相馬私立よつば保育園副園長)



形式:参加者みんなで対話形式(人数によりグループ化)



対象:小学生から大人まで



参加資格:南相馬が変わらないジレンマを抱えながら
     
     …自分でも何か動いて変えていきたい方



参加費:無料



持参物:熱いハートとあきらめない強い気持ち



申込み:当日お気軽においでください。


   
posted by ヨシユキ先生 at 22:47| 福島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月16日

【 ニューヨークタイムズ・ウェブ版に!? 】


ニューヨークタイムズ(The New York Times)のウェブ版

アジア・パシフィク

動画記事にて、私の話が採用されました。

ジェイミーという記者の記事です。

彼はフリーのジャーナリストで、

先日南相馬でお話しした時に、

ニューヨークタイムズに採用されるかどうか

わからないと言っていましたが

まさか本当に採用されるとは…驚きです。

3分10秒位してから

私の話が始まります。

記事の題は

In the Wake of Disaster

A year after the tsunami, communities are still grappling with how to assess the risk of radiation exposure.

↓↓記事をご覧ください。↓↓

http://video.nytimes.com/video/2012/03/10/world/asia/100000001415907/in-the-wake-of-disaster.html

福島のことが少しでも誤解のないよう、

世界に届くといいのですが。

少しはお役に立てたかと思っています。

ちなみにジェイミーたちと↓
120220_1537~02.jpg

手をつなGO!
120220_1537~01.jpg

 


※一緒に写っている女性は、
仙台からジェイミーをお連れした佐々原裕子さんです。
語学堪能な美人です。
 
posted by ヨシユキ先生 at 18:06| 福島 | Comment(1) | TrackBack(0) | メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月12日

【 よつば保育園 保育士募集! 】


福島県南相馬市の

よつば保育園

(南相馬市原町区の私立認可保育園)

です。

新年度4月から

当園で、

保育士として

お仕事して頂ける方を

募集致します。

募集人数は2名です。

新卒者だけでなく、経験者も歓迎します。

また、震災枠特別雇用として、

地方からの期間限定雇用も致しますので、

半年間とか1年間だけでも

保育士を南相馬でやってみたい!

という方もぜひご応募くださいね。

地方からおいで頂ける方には住居もご用意します。

もちろん男性保育士でも構いません。

給与や待遇につきましては、

個別面談にてご説明致します。

まずはお問い合わせくださいね。

(‘o‘)ノ

よつば保育園
ヨシユキ副園長
タグ:保育士 募集
posted by ヨシユキ先生 at 19:29| 福島 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月10日

【 復興祈願法会のお知らせ 】

今日は東京です。

13時から

品川区にある真言宗高野山東京別院の本堂にて

1時間頂き、福島の現状について講演します。

【東日本大震災復興祈願法会】

ということで行われます。

聴講は一般公開ですので、

お近くの方はぜひお立ち寄りください。

前を向いた話をしたいと思っています。
posted by ヨシユキ先生 at 07:25| 福島 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月07日

【 復興祈願法会in東京 】

お知らせです。

平成24年3月10日(土)12:30〜

高野山東京別院

(東京都港区高輪3-15-18)
にて

高野山真言宗神奈川青年教師会による

【東日本大震災復興祈願法会】

が行われることになりました。

12:30〜開場

13:00〜ヨシユキ副園長による講演

14:00〜復興祈願法会

高野山真言宗管長 総本山金剛峯寺座主 松長有慶大僧正猊下導師の元、

添え護摩祈願(皆様に護摩木に復興への想いを託して頂き御祈願する)

なお、復興支援グッズの販売ブースや豚汁の御接待もあります。

ファイル0039.jpgファイル0040.jpg

高野山真言宗神奈川青年教師会(若手のお坊さんの会)の皆さんは、

臨時保育園なかよし保育園の時に、

中華まんの炊き出し支援においでいただいた皆さんです。

子どもたちとも交流して、

楽しいひとときを過ごした記憶は忘れようがありません。

困っている方をただ助けたい一心で一生懸命

被災地を回って

炊き出し支援を行っていた皆さんの熱い気持ちは、

宗教がどうだとかいう次元をはるかに超えて、

私たち家族とつながることができたと思います。

私もこの講演の話を頂いた時に、

引き受けるのを迷いましたが、

あの炊き出し支援の時のことが鮮明に蘇って、

素直に受ける気持ちになりました。

それに、

この福島の、

この南相馬の

状況を伝えることが一年経つ中で

必要な時期になるのではないかとも思いました。

私に与えられた一時間という時間。

おいで頂いた方に、伝わる話ができるよう

資料をまとめています。

ぜひ、東京近郊にお住まいの方は

おいでくださいね。

 
posted by ヨシユキ先生 at 18:47| 福島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月02日

【 続・民間人による除染活動についての私見 】


除染作業は、休日にやっています。職務ではありません。

でも、内部被曝にはかなり気をつけています。

リスクを無視するのではなく、

リスクに向き合い、極力防御しながら作業をしています。

マスク・ゴム手袋・長靴での作業です。

南相馬市の除染に関わっている

東大の児玉教授は強調して言っています。

「放射製物質を除去すれば、必ず放射線量は下がります。」と。

そして、民間人による安全な除染活動を勧めています。

私は、あくまで私見ですが、この除染作業について、

リスクに向き合い、

放射線を下げるためのポイントを

知識と経験で身につけていければ、

民間人でもできる作業と思っていますし、

健康被害も避けられると考えています。

だいたい、

この除染作業の“プロ”なんて元々いないわけですから、

経験を積んで知識を増やしていくことが

即ちプロに準ずることと思います。

ちなみに、これまで実施したお宅は

全て線量が5割〜9割下げられました。

ボランティアの方の中にも、

効果的に放射線量を下げるテクニックを身に付けた方もいます。

ボランティアの方々は全国から皆さん熱い気持ちで来てくれます。

家の中から子どもが応援しているのを見ながら作業をして、

家族と触れ合って、

その家族の未来を明るくすることへの使命感もあるのでしょう。

もちろん、家長である父さんも、

母さんや子どもたちに父の背中を見せるべく張り切っています。

最近は、カメラを回す報道の方にも、除染をお手伝い頂きます。

なぜなら、自分で参加してみて初めて感じることが多いからです。

みなさん

「やってみてよかった。」

「やってみなかったら、わからなかった。」

「家族から感動をもらった。」

「放射能のリスクを肌で感じたが、自分でもできるんだと思った。」

「放射能をみんなの力で排除できた達成感がすごい。」

と言います。

うそだと思ったら、ぜひ一緒にやってみてください。

やらないで、やろうとしないで

意見を言うのは、フェアではありません。

ボランティアの中には、

家族と離れ、南相馬に単身ボランティアに来ている方もいます。

仕事を辞めて、南相馬に来て仕事を探し、

週末ボランティアをしている方もいます。

思っていることを、行動に移せる人はスゴイなと尊敬します。



それぞれの立ち位置が違いますから、

どの行動が正しいとか間違っているとかを論ずるつもりはありません。


ただ、私は、南相馬の家族を守るために

動かないではいられないだけです。


このつたない文章で、

一人でも多くの方にご理解頂けたら、

南相馬に住んでいる家族を応援してくれたら、

うれしく思います。
タグ:民間人 除染
posted by ヨシユキ先生 at 15:10| 福島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【 民間人による除染活動についての私見 】


私は今、ボランティアの方々と、週末に園児宅の除染活動をしています。

この活動について、厳しいご意見も届きます。

「そんな危険な作業は民間人がやることじゃない」

「行政がやるべき」

「東電がやるべき」

「汚染されて削られた土の行き場が決まってないのに、なぜやるのか?」

「ボランティアに危ない目に合わせてる」

など…。

なるほど、理屈では確かにそうかもしれません。

ですが、私が行っていることは、緊急的措置であって、

決して、ライフワークではありません。

そのようなご意見を言われる方に一言あえて申し上げるなら、

「あなたの家がこの福島にあって、仮に乳幼児のお子さんをお持ちでも同じことを言いますか?行政が動かない状態でただ待っていて、家族を放射線から守ろうとはしないですか?」と。

理想と現実は違うのです。

私は一刻も早く、

少しでも放射線から子どもを遠ざけたくてやっていることです。

なぜなら、待てないから。

お母さんから、

「除染をしたいけれど、どうやっていいかわからない。」

「どうやったら、放射線量を下げられるのか?」

「業者に頼みたいけど、莫大な費用がかかる」

「かかった費用の補償は東電が認めていない」

など悲痛な声が上がってきます。

一刻も早く、線量を下げた環境に住むことが急務なのです。

安心させてあげることが大事なのです。

けっして安全を保障するものではありません。

そのためには、

『除染するという行動』と

『除染してこれだけ下がったという数値』

の両方が必要です。

待っていても、誰も何もやってくれないのです。
タグ:民間人 除染
posted by ヨシユキ先生 at 01:39| 福島 | Comment(1) | TrackBack(0) | メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
                                                                                                                                                                                                                            ☆★平成24年1月よつば乳児保育園西町園開園!★☆ ☆★☆保育園ができるまでの様子をぜひご覧ください!!☆★☆ ひらめきひらめきひらめきひらめきひらめきよつば乳児保育園<西町園>青雲ブログひらめきひらめきひらめきひらめきひらめきひらめき   ↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑クリック↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ PAP_0970.JPG ひらめきひらめきひらめきひらめきひらめきよつば乳児保育園<西町園>青雲ブログひらめきひらめきひらめきひらめきひらめきひらめき   ↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑クリック↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑                                                                                                                                                                                                                                                    

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。