緊急時避難準備区域内(20〜30キロ圏内)にある【よつば保育園】は、休園しながらも、安全区域(30キロ圏外)の鹿島区において臨時保育園『なかよし保育園』を開いておりました。市内私立保育園三園(よつば保育園・北町保育所・原町聖愛保育園)が地域管理の公民館にて合同で保育していました。 9月末日の緊急時避難区域指定の解除を受け、10月11日より原町区の本園にて保育を再開となり現在に至ります。しかしながら現在の園児数は昨年4月入園予定者の約5割…苦難の道は続きます。全国のたくさんの皆様のご支援を頂きながら、今日まで続けてこられましたこと、深く感謝申し上げます。 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓  日テレ系列放送のドキュメンタリー番組 NNNドキュメント でよつば保育園の取り組みが特集されました。ぜひご覧ください。11月20日(日)夜に放送され、たくさんの励ましの声を頂きました。
セシウムと子どもたち 立ちふさがる“除染の壁” 投稿者 gataro-clone Yoshiyuki Kondo | バナーを作成

2011年12月27日

【 園児宅の除染活動 】


園児宅の除染活動

週末の土日2日間で一軒のペースで進めています。

ただし雨が降ったりすると、延期になったりして

また、仕事や研修会・講演会への出席で作業できない週末もあります。

ボランティアの手配や、重機の手配の都合によってもできる・できないがあります。

結局は一軒の費やす日数は2〜4日になってしまっている現状です。

10月2日からスタートした園児宅の除染活動。

まとめて報告いたします。

なお、除染にあたっては、安心安全プロジェクトやボランティアグループ等

のお力添えあってのことと前置きさせて頂きます。

写真はクリックして大きくしてご覧ください。


★★市内西町地区Sさん宅★★★★★★★★★★★★

PAP_0986.JPGPAP_0985.JPG

コンクリートも高圧洗浄機をかけると色が変わります。

線量は高圧洗浄したコンクリートの上で測ったもの。

PAP_0992.JPGPAP_0988.JPG

ちなみに、コンクリートとアスファルトとは全く別物で、線量の下がり方が大きく違います。

アスファルトの方が、目が粗いため、放射能が穴の奥にこびりついているのでしょう。

素材ひとつ変わったら、同じやり方ではなかなか下がらないということですね。



★★市内本陣前地区Kさん宅★★★★★★★★★★★

高所での作業は大変危険です。とび職の方の力も必要です。

自らの命を守りながら、子どもの命も守ろうとして下さる熱い思いにはだだ頭が下がります。

PAP_0251.JPG

庭の表土も剥がなければ線量は下がりません。

ただ、その作業には、人手も時間もかかるのです。

PAP_0255.JPG

側溝も雨で流れ込んだセシウムが溜まっている場所です。

コンクリートの蓋はとても重く、腰を痛めてしまうほどの重さです。

そして、なかなかそれを持ち上げて、

開けて除染して、そしてまた蓋を閉じる…とても重労働です。

でも、やらなければ線量は高いままなのです。

PAP_0256.JPGPAP_0257.JPG



★★市内本陣前地区Nさん宅★★★★★★★★★★★

庭の花壇も、結局はあきらめざるを得ませんでした。

心が痛みますね。

妥協は…子どものことを考えれば、できません。

PAP_0252.JPG

そしてやはり側溝も…。

泥や砂利が入り込んでいるので、取り除き、洗います。

PAP_0253.JPG



★★市内陣ケ崎地区Sさん宅★★★★★★★★★★★★

駐車ポーチの屋根もプラスチック素材のためか線量が高いのです。

PAP_0195.JPG

駐車場のコンクリートがコケや泥で相当汚れていましたので、

丁寧に落としていきます。色が新品同様になります。

PAP_0198.JPG

ムラがでないように、丁寧に行います。

私の友人が釣りキチなのですが、

「この作業は渓流釣りに似ているね。」

と言っていました。確かに、川のポイントを丁寧に流して

それを集中しながら繰り返していく様は、まさしく渓流釣りと同じですね。

釣り人は、除染ボランティアに向いているのかもしれません。

ちなみに、その大学時代の友人ボランティアがこちら(向かって一番右)↓

PAP_0189.JPG

オシャレな駐車場には、駐車スペースを区切る芝が植えてあったりします。

しかしながら、それがこの除染ではアダとなってしまいます。

芝生はコンクリートに比べて線量が高いからです。

泣く泣く芝生を剥ぐご主人。やりきれないの一言です。

PAP_0197.JPG

さて、次は塀の上にこびりついている苔(コケ)です。

こいつも高圧洗浄機で圧を強くして剥がしていきます。

この“圧を強くして”というさじ加減が大事だったりします。

写真左側が苔を落とした部分、右側が苔がついている部分です。

PAP_0200.JPG

2階のベランダ内も、比較的放射線が高いエリアです。

水垢や苔などが付着していると、線量がより高くなります。

PAP_0216.JPG

作業が終了し、線量も下がり、ホッと一息のご主人と私。

笑顔…なかなかでしょ?

PAP_0984.JPG

やはり一緒に汗をかいて作業をすることで、

達成感や満足感

そして安心感が違ってくるのです。

福島テレビの関口アナが取材に見えられたので

ファンのおっさん二人は大喜びで写真を撮ってもらったのでした。

いつも思いますが、本当に関口アナは素敵な女性です。

PAP_0201.JPGPAP_0202.JPG



★★市内北町地区Kさん宅★★★★★★★★★★★★

雨どいが線量を高くしている要因になっている場合があります。

こちらの家の雨どいが、

よく見ると真ん中あたりが汚れているのがおわかりかと思います。

PAP_0126.JPG

つまり、本来であれば雨水が一番左側まで流れていかなければならないところが

真ん中の部分がたわんでいるため、

雨水が真ん中に集まってしまいポタポタと落ちてくるのです。

下の写真をご覧いただければわかりますね。

PAP_0123.JPG

ポタポタ落ちている下の場所は、線量がとても高いのです。

その部分をきれいに洗浄するとこのように↓キレイになりました。

PAP_0119.JPGPAP_0120.JPG

雨どいには、枯葉やゴミがたまりやすい↓ので、定期的に洗浄が必要です。

PAP_0127.JPG

また、このように、雨どいが下に流れるパイプから外れてしまったいる場合があります。

ポタポタ落ちている下の場所は、やはり線量が高いのです。

地震で外れたのかもしれませんね。ご注意ください。

PAP_0128.JPG

下の写真は、排水溝が詰まっているようで、ポタポタ雨水が溢れて落ちてきています。

ポタポタというよりは、ジャージャーですかね。詰まりを直さねばなりません。

PAP_0100.JPG

屋根もきれいに洗浄します。トモユキ先生、がんばっています。

PAP_0118.JPG

外の壁も、日当たりのあまりよくないところには苔がこびりついています。

高圧洗浄機で、圧を強めにかけて洗浄するとこの通り!!↓

左側が洗浄した部分です。右側が苔がついている状態…一目瞭然です。

PAP_0101.JPG

駐車場前の側溝には、なんと草だけでなく、木が生えていました。

驚きでした。

でも、木を抜いて、泥や土をかき出し、洗浄すればこの通り!!↓

PAP_0099.JPG

建物の北側も、日当たりがあまり良くない場合が多いです。

だからこそ、丁寧に洗浄したいものです。

ボランティアの方も熱心に作業してくれて、感謝です。

PAP_0124.JPG

最後に、その熱心なボランティアで、

東京方面からご夫婦で通って頂いているHさんご夫妻とパチリ!

とても仲良しなご夫婦なんです。

作業も慣れているので、安心してお任せできる方です。

PAP_0121.JPG


★★市内本陣前地区Tさん宅★★★★★★★★★★★★

こちらのお宅のポイントは、

リビング前のウッドデッキ

きれいなお庭の土と花壇

でした。

ウッドデッキは、父さんが熱心に頑張ってくれて

線量が格段に下がりました。

家の中から家族が父さんを応援しています。

父さんの背中を見て、子どもは育つのです。

いいトコ見せて欲しいなぁ。

そういう意味でも、家を守る父の姿は家族の象徴でもあるのです。

ガンバレ!父さん!私はこの除染活動を通じて、父さんの背中を押しています。

PAP_0000.JPG

ボランティアの皆さんも、連係プレーがお見事です。

PAP_0997.JPG

表土削りの場合、三人の息がピッタリ合うと

気持ちいいくらい、線量が下がります。

表土を削る人

それをスコップですくう人

その土を入れる土のう袋の口を広げる人

…この三人のテンポがとても良く、

時間も予定してたよりも早く終わりました。

PAP_0995.JPG

ちなみに土のう袋は全部で200袋を超えました。

とてもサッパリきれいになりました。

線量も、庭で毎時1μシーベルト近くあったのが、0.2台に下がりました。

PAP_0989.JPGPAP_0987.JPG

最後にボランティアの皆さんと手をつなGO!写真を。

PAP_0991.JPG

最高に気持ちいい除染ができました。
みんなイイ顔してるでしょ?

今回は、記録映画を作っている方々も除染に関わって頂きました。
だから手をつなGO!

PAP_0990.JPG

保育園=家族=ボランティア=マスコミ

がつながり、連係することで生まれるパワーはもの凄く大きいものです。

そして何よりも大きいのが、子どものチカラ。

作業が終わって帰ろうとすると、

子どもたちからお手伝い頂いたみんなに、なんとプレゼントが!!

PAP_0986.JPG

子どもたちによる手作りクッキーのプレゼントでした。

か、感動…。。。。。。

やっぱ子どもたちのために頑張らなきゃ!!

クッキーをもらったみんながそう思ったにちがいありません。

いまだに、もったいなくて、そのクッキーが食べられないでいます。

ありがとう!

さーまた次の家、やる気出てきたぞーっ!!!



…つづく

  


posted by ヨシユキ先生 at 20:21| 福島 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです。
うちも、作業をする予感が…
どうなるやらf^_^;)ですが、
参考にさせていただきます!
Posted by オリ姉 at 2011年12月21日 08:21
たくさんの出来事があった2011年

忘れられないこと
忘れてはいけないこと
わすれられたらいいのにと思うこと
さびかったこと
悲しかったこと
ただただ涙が流れたこと
嬉しかったこと
よろこびに胸が震えたこと
感謝の気持ちに溢れたこと

いろんな気持ち、すべて抱えて

また、来年に向かって行きましょう


Posted by ゆきんこ at 2011年12月28日 22:59
皆さん、抱える思いはそれぞれあります。

溶かしていきたいもの

溶かしてはいけないもの

あると思います。

一度しかない人生

後悔だけはしたくないものです。

 
Posted by よしゆき先生 at 2012年01月12日 09:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
                                                                                                                                                                                                                            ☆★平成24年1月よつば乳児保育園西町園開園!★☆ ☆★☆保育園ができるまでの様子をぜひご覧ください!!☆★☆ ひらめきひらめきひらめきひらめきひらめきよつば乳児保育園<西町園>青雲ブログひらめきひらめきひらめきひらめきひらめきひらめき   ↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑クリック↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ PAP_0970.JPG ひらめきひらめきひらめきひらめきひらめきよつば乳児保育園<西町園>青雲ブログひらめきひらめきひらめきひらめきひらめきひらめき   ↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑クリック↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑                                                                                                                                                                                                                                                    
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。